キャッシングを必要としない暮らし

キャッシングを必要としない暮らし

キャッシングを必要としない暮らし

私は、これまでにキャッシングを利用したことがありません。また、利用しようと考えたこともありません。それは、今まで利用が必要な状況に陥ったことがないことも大きな理由ではあります。しかしそれは、そもそもキャッシングに対して良いイメージを持っていないことから、キャッシングを必要とするような状況を回避する生活を意図的に営んできたと言い換えることが出来ると思います。

 

勿論、キャッシングそのものを否定するということではありません。キャッシングという仕組みを必要としている人がいること(お金を借りる人だけでなく、社会の中で雇用を生み出すという意味においても重要性があること)は事実です。また、個人の努力では避けられない突発的なレアケースとして、大きな金額を緊急に必要とすることも時にはあるでしょう。

 

しかし私の中には、金銭感覚にずれがある人がキャッシングを利用するというイメージが、メディアによって刷り込まれていると思います。よって、基本的には自分で必要とする金額は自分で賄うという、分相応な暮らしを営んでいくべきだと私は考えています。分相応な暮らしをし、冷静な判断をしていけば、キャッシングを必要とすることもなく、キャッシングがもつリスクもまた避けることが出来るのではないかと考えています。

キャッシングの怖さ、そして便利さとは?

皆さんはキャッシングサービスを利用したことはありますか?

 

最近ではどのカード会社や銀行でもキャッシングをしているところも多く、またその募集も盛んな気がいたします。
特に収入があるのか分からない、専業主婦OK学生さんOKなどというキャッシングも増えてきましたね。

 

確かに人生生きていると、急な出費ってあるものです。
私も友人や親せきの結婚式などが色々重なり、やむを得ず利用した経験があります。

 

貯蓄してればいいんでしょ?と言われれば勿論それまでですがその時はどうもお金が足りずに使ってしまったのです。

 

次の月にすぐ返済したので金利もそう少なく済みました。
正直とても助かりましたよ。
無事に結婚式で祝儀を出すことが出来ました。

 

しかし便利さを感じた後、ご祝儀にキャッシングしたお金を利用した事の悲しさも感じたりもしました。
自分の計画がきちんとしていなかったので仕方ないのですが。

 

そしてそれ以上に怖いなと思ったのは
キャッシングが出来るカードを1枚持っていることで変な心の余裕があるように感じたことです。
これは借りているお金。
ですが指1つでお金が出せる便利さは実は怖いのではないか?と思いました。

 

よくご利用は計画的に、と聞きます。

 

本当に必要な時に上手に使う事が大切だと改めて思いました。

 

これからは利用することがないよう、計画をきっちり立ててお金を使っていきたいと思っています。

関連ページ

お金を借りるということは悪いことなのでしょうか?
お金を借りるということは、本来悪いことなのでしょうか? 私は常日頃から思っているのですが、皆さんはどう思いますか?
自営者向け
プロミスでは、自営者向けのキャッシング(カードローン)も行っています。
銀行のカードローンを契約しておきましょう!
私はキャッシングしたことがあります。 8年前、消費者金融から50万円ほどお金を借りました。
上手に使っておりこう様
キャッシングって使ってみたいけど難しい、よく分からない・・。そう思っていませんか?
分割払いにしています。
私は高い買い物をする時に利用しています。 一括では買えない物を買う時に分割払いにしています。
キャッシングを利用しない理由がわかりません。
給料日前、どうしてもお金がなくて困ってしまう時、知人や職場の人からお金を借りるという行為は非常に危険な行為なのです。
クレジットカード自体が借金なんですが
キャッシングは借金。。勿論、クレジットカード自体が借金なんですが、 「金利がつく」ということに何だか漠然とした恐怖感があって、普段はまずキャッシングしません。
奨学金
キャッシングの利用することに対して私はマイナスのイメージを持っています。それはどんな形であれ、お金を借りるということはよくないことであると思うからです。
まず思い浮かぶ言葉は「サラ金」
キャッシングと聞くと、まず思い浮かぶ言葉は「サラ金」でしょうか。
返済できなかった
最初にキャッシングを知ったのは、当時アパレルの店員をしていた友人が信用金庫でキャッシングカードを作っていて、
ホーム RSS購読 サイトマップ