キャッシングを利用しない理由がわかりません。

キャッシングを利用しない理由がわかりません。

キャッシングを利用しない理由がわかりません。

給料日前、どうしてもお金がなくて困ってしまう時、知人や職場の人からお金を借りるという行為は非常に危険な行為なのです。なぜならその人間関係を壊しかねないからです。

 

貸す方にも都合というものがあります。また返済についてもきちんとしておかないと、本当に取り返しのつかない状況になりかねないのです。他人から借りるぐらいならキャッシングカードを作って借り入れをした方が自己責任ですべてが完結します。

 

確かに利息などの支払いが生じるかも知れませんが、人間関係にひびを入れかねない金銭の貸し借りを行うぐらいなら、消費者金融などから借りる方が良いです。

 

人間関係は一度ひびが入ってしまうと、修復するのは非常に難しく、特に金銭関係が絡むと最悪な場合裁判沙汰にまでなりかねません。本当に気心が知れた仲間であってもあまり借りる事を繰り返していると、お金にだらしない人という印象をもたれてしまい自然と距離がとられるようになっていくでしょう。

 

会社の同僚などの場合はなおさらひどい結果が待っている可能性があります。また会社からも目立つ行為に対して、お叱りが出る可能性だってあり得るのです。また会社によっては社則で金銭の貸し借りを禁じている企業も少なくはありません。

 

それでも、急な出費などでお金が必要になることは多々あります。そのような状況に置かれても借り入れから返済までをしっかりしておけば、キャッシングをした方が金額も大きく借り入れる事が出来るので安心感が違います。必要な時に借り入れをして、しっかり返済をしていけばこれ程までに強力なパートナーはないと言っても過言ではないでしょう。

 

クレジットカードにも付帯されている機能なので、それらを計画的に利用されることが良いと思います。

いいイメージ

実は私は、今現在キャッシングで借り入れをしています。
そんな私ですが、一年前まではキャッシングについていいイメージが全くありませんでした。
高額な利子、膨れ上がる借金、一つの会社で借りてそれが返せなくなると今度は他の金融機関でまた借りて・・・と負の連鎖
そんなイメージばかりが浮かび、キャッシング自体を理解しようとすることはありませんでした。
そんな私がキャッシングについてのイメージを変えた出来事がありました。それは、とても仲のいい友人がキャッシングをしていたという事実。
わたしはその友人に詳しく聞いてみました。キャッシングは恐ろしいものではないのか、利子は高額なのではないか、などなど・・・!
しかし、キャッシングの実態は私が思っていたほど怖いものではありませんでした。
何より驚いたのが、2〜3日で返済すればむしろATMなどの手数料よりも利子が少なく済むということ。
つまり、「明日給料日で現在手持ちが無いが、どうしても今日使いたいからお金をおろさなきゃ」という時、自分の口座から下ろすよりもキャッシングをしたほうが安く済んでしまうのです。これには驚きました。
それからというもの、私はいざというときの為にカードを作り、どうしてもお金が必要な時はキャッシングをし、数日中に返済という形を度々取っています。
とても便利でいつも助かっています!

関連ページ

お金を借りるということは悪いことなのでしょうか?
お金を借りるということは、本来悪いことなのでしょうか? 私は常日頃から思っているのですが、皆さんはどう思いますか?
自営者向け
プロミスでは、自営者向けのキャッシング(カードローン)も行っています。
銀行のカードローンを契約しておきましょう!
私はキャッシングしたことがあります。 8年前、消費者金融から50万円ほどお金を借りました。
上手に使っておりこう様
キャッシングって使ってみたいけど難しい、よく分からない・・。そう思っていませんか?
分割払いにしています。
私は高い買い物をする時に利用しています。 一括では買えない物を買う時に分割払いにしています。
キャッシングを必要としない暮らし
私は、これまでにキャッシングを利用したことがありません。また、利用しようと考えたこともありません。
クレジットカード自体が借金なんですが
キャッシングは借金。。勿論、クレジットカード自体が借金なんですが、 「金利がつく」ということに何だか漠然とした恐怖感があって、普段はまずキャッシングしません。
奨学金
キャッシングの利用することに対して私はマイナスのイメージを持っています。それはどんな形であれ、お金を借りるということはよくないことであると思うからです。
まず思い浮かぶ言葉は「サラ金」
キャッシングと聞くと、まず思い浮かぶ言葉は「サラ金」でしょうか。
返済できなかった
最初にキャッシングを知ったのは、当時アパレルの店員をしていた友人が信用金庫でキャッシングカードを作っていて、
ホーム RSS購読 サイトマップ